Colum

2020/10/06

井波と龍のお話

21

瑞泉寺山門の「雲水一疋龍」。

井波彫刻の祖となった前川三四郎の作品で、明治12年(1879)の大火の折、木彫りの龍が山門から抜け出し、近くの井戸の水を吸い上げ山門や勅使門に掛け、類焼を免れたと伝えられる。

井波では小さい頃からその話を親から伝えられ育つこともあり、井波人にとって龍は守護神的な存在。
井波の街並みを歩けば、多くの龍に出会える。

ハロー空き家!!
グッバイ空き家!!

まちなか

住居用賃貸

価格50,000円/月

まちなか

住居用売買

まちそと

住居用売買

まちそと

土地売買

MAGAZINE

井波まちなかマガジン