Colum

2020/11/19

井波の町家考 PartⅣ

36

井波町家の伝統的建築の特徴である「雁木(がんぎ)」

当社事務所の外観も雁木がアクセントになっています。

道に面する町家の出入り口に雪よけとして掛けられた軒庇(のきびさし)。
これを個々の家が協力し、軒を連続させることで、雨、雪、日よけの通路「雁木通り」が形成される。
お互いが軒先の「私」を出し合い、「公」の通路という役割を担って、雪国の暮らしを助け合ってきた様子がうかがえる。

軒先から庇が張り出した「雁木」のフォルムが、井波の町並みに風情を醸し出し、連なる水平ラインが統一した印象を与える。

ハロー空き家!!
グッバイ空き家!!

まちそと

土地売買

まちなか

土地売買

まちなか

土地売買

MAGAZINE

井波まちなかマガジン