見たかった風景を自分たちでつくる。

もっともっと井波。

ワクワクする井波を、空き家から。

アキヤラボ

井波はオリジナリティと伝統を守りつつ、
多様性を受け入れる大きな懐がある町だと思う。
だからこそ、みんなが磁石のように引き寄せられ、何かが生まれていく。

空き家を活かすことは、未来にバトンを繋ぐ行為と言えるかもしれない。

「こんな物件、もう令和では新築で建てられないよね」なんて、古き良き味わいにワクワクしながら、
建物が紡いできた歴史や、魅力を次世代に繋げていく行為。
そんなことがひとつの物件だけにとどまらず、町全体まで規模が広まるとしたら。
古い町全体が新しい価値のもと生まれ変わるということにはならないだろうか。
井波はまさにそんな実例になろうとしている町だ。
昭和の風情を残す町家をリノベーションし、
町全体を次の世代が活躍できる町へ変えていこうという取り組みがおこなわれている。
取り組みの結果、空き家を売買又は賃貸で活用する新規移住者・事業者が2年間半で53軒。
新しく町にやってきた人がスキルを活かしてお店を開くなどの変化が起こってきた。

ぼくらが一番守りたかったもの

観光に来た人はみな口を揃える。「なんて美しい街並みだろう」。
その陰で、歴史ある町家が実はどんどん空き家化していた。
本当に持続可能なまちづくりとは何かー。
井波の空き家問題解決を目指すアキヤラボは、そんな難問に挑んでいる。

一般社団法人アキヤラボ代表理事 小西 正明

きっかけは場所、決め手は人。

Issue

"プレイヤー"があつまる場所、井波

LAW(ロー)
LAW(ロー)
ヘイズコーヒー
ヘイズコーヒー
center
ナットブリュー
ナットブリュー
ベイカーズハウスクボタ
ベイカーズハウスクボタ

空き家課題解決の
6つのアクションプラン

Action Plan

解決の鍵は、活用したい人の決断

空き家処分に関わるということは、所有者の想いや建物を理解することは勿論、
それ以上にその建物を活用したい人を想像し、寄り添い、一歩踏み出す後押しを考え、
アクションすることが
空き家問題の解決には必要であると判ってきました。
空き家問題に向き合ってきたアキヤラボでは、これまでに6つのアクションプランを発案してきました。
6つのアクションプラン
01

<借地権付き建物売買>

なりわいはじめNARI WAI HAJIME

借地権付き建物売買
空き家所有者のお悩みごと、起業者のお悩みごとを解決する『借地権付き建物売買』という考え方。土地建物所有権を、底地と借地権付き建物とに分けて売買することで、双方のメリットが生まれます。
空き家所有者と起業者を繋げる仕事をしていて課題になっているのは、「建物所有のリスクから解放されたい」空き家所有者と、「改装費用などもかかるため物件購入の初期費用はなるべく抑えたい」起業家とのマッチング。
『借地権付き建物売買』はそのマッチングを後押しする、井波らしい課題解決型の取り組みとなるはずです。
02

<譲渡型賃貸契約>

借リテ持テルKARITE MOTERU

譲渡型賃貸契約
一定期間建物を借りて家賃を払い続けると物件が手に入るというものです。空き家所有者と起業者を繋げる仕事をしていて課題になっているのは、「手放したい」空き家所有者と、「物件購入はハードルが高いのでまずは賃貸物件を探す」起業家とのミスマッチ。『譲渡型賃貸契約』はそのミスマッチを埋める、井波らしい課題解決型の取り組みです。
DIY賃貸で好きなようにリフォームでき、将来自己所有となるので、そこに資金を投入しても損がない。
賃貸から所有へ、井波を起業の地として選んだ起業家を応援する、井波からの「贈り物システム」です。
03

<DIY型賃貸契約>

DIY育てる賃貸DIY SODATERU CHINTAI

DIY型賃貸契約
空き家を自分好みにリフォームしたい方は多いはず。しかし空き家を買うのは、ちょっとハードルが高い、そんな方には「DIY型賃貸借契約」。」
04

不動産価格の

地元民割引制度JIMOTOMIN WARIBIKI

井波出身の若者の起業を応援する割引企画です。
井波地域にお住まいの方や井波出身の方は通常の販売価格より●%割引します、とういうものです。
若者が挑戦できるまち、挑戦する人を応援できる井波を目指して。
05

「空き家×起業」不動産の

逆ドラフト会議GYAKU DRAFT

逆ドラフト会議
今までは貸したい、売りたいという提供者がいて、借り手・買い手を探すという流れでしたが、井波でお店を持ちたいという起業家がいて、それに見合った空き家を探すという、今までとは逆の流れが「不動産の逆ドラフト会議」。
起業を応援する、町の活性化に貢献するという意義をプラスすることによって、物件の掘り起こしに繋げます。
06

空き家で

蚤の市NOMI NO ICHI

蚤の市
空き家で頭を悩ますのが、家財道具や遺品などの残置物。そんな不要となったモノのリユースのために、空き家物件で蚤の市を開催。
ある人のストーリーからバトンを渡され、またある人のストーリーへ繋がっていく。そうやって、ヒトもモノもコトも繋がれば、ハッピーになれるはず。
空き家所有者にとっては片付け費用が安くなり、大切に使っていたモノが誰かに使ってもらえる。
もらい受ける方にとってはお宝が手に入る。環境的には処分ではなく再利用される。SDGsな取組みです。

楽しめて、共有して、新発見できる!

参加型まち歩きマップ

井波まちなかエリア道路が印刷されたクリアファイルに、マップシートを差し込めば「偏愛!井波まち歩きマップ」が完成♪シートは全部で「裏路地・グルメ編」、「歴史・寺社仏閣編」、「空き家・空き店舗再生編」、「彫刻工房編」、「自分だけの地図」の5種類あります。

偏愛!井波まち歩きマップ
クリアファイル
「裏路地・グルメ編」、「歴史・寺社仏閣編」
「空き家・空き店舗再生編」、「自分だけの地図編」

あなたのマップが、
僕の、誰かの新発見に!

みなさんが考案した
マップを大募集!
「自分だけの地図」を持って井波のまちなかを散策し、あなたたけのオリジナルマップを完成させて下さい。街の魅力をじっくり探し、そして出来上がったマップを共有することで、自分とは違った視点を知り、新たな発見があることでしょう!どんなマップでもOKです。例えば… 小さい頃の思い出マップ、レトロ建築マップ。個性あるオリジナルマップができたら、ぜひ見させてください。

アキヤラボ

オリジナルTシャツセット

職人やクリエイターが集うまち「ものづくりの聖地、井波」をイラスト化した、まるでド〇ゴンクエストの世界に出てきそうな山間部にある架空の街という設定ですが、私たちが描く井波の未来図でもあります。欲しいっという方がおられましたら、お声がけくたさい!
Tシャツ
小西さん

企業・団体・個人の皆様へ

寄付金ご協力のお願い

一般社団法人アキヤラボは、2022(令和4)年に設立されました。
当法人は、南砺市井波地域(旧東砺波郡井波町)の空き家および近い将来に空き家になることが想定される建物に係る諸問題解決に関する事業を行い、井波地域の魅力向上・振興につながるまちづくりに寄与することを目的とし、日々活動を続けております。つきましては、当法人が事業を展開していくにあたり、皆様からのご寄付を募っております。お寄せいただいた寄付金は、空き家・空き店舗への移住者・起業家誘致、空き家の掘り起こしなど、まちづくり活動に活用させていただきます。
何卒お力添えくださいますようお願い申し上げます。

振込先

北陸銀行 井波支店

普通 6031970
一般社団法人アキヤラボ[シヤ)アキヤラボ]

お問い合わせ

CONTACT

視察申し込み

    • 団体名

      必須

    • お名前

      必須

    • 視察希望日時

      必須

    • 住所

    • 電話番号

      必須

    • FAX

    • メールアドレス

      必須

    • ご担当者

      必須

    • 参加人数

      必須

    • 領収書宛名

    • 視察の目的

    お問い合わせ

      • お名前

        必須

      • 住所

      • 電話番号

        必須

      • メールアドレス

        必須

      • お問い合わせ内容

      法人概要

      ハロー空き家!!
      グッバイ空き家!!

      まちなか

      土地売買

      まちなか

      土地売買

      MAGAZINE

      井波まちなかマガジン