Colum

2020/10/24

大の裏には小

27

八日町通り沿いの古い町家。
梁には丸い木の看板。大の裏には小。なんだろう…?

明治の初めまで日本で用いられていた太陰暦では、30日の月は「大の月」、29日の月は「小の月」とされ、大小看板が重宝されていた。商いにはかかせなかったんですね!

このお宅も昔は商いをしていたんだという事実と、なおも今は亡き主人(当時の)に尽くしているような看板は感慨深い。

お宅拝見を通して、過去の文化を知るきっかけにもなる一例でした。不動産屋の仕事は発見の連続なのです!

ハロー空き家!!
グッバイ空き家!!

まちそと

土地売買

まちなか

土地売買

まちそと

土地売買

価格400万

MAGAZINE

井波まちなかマガジン